アウター買うなら?おさえておきたいメンズファッションブランド

アウター買うなら?おさえておきたいメンズファッションブランド

アウターは冬のファッションにおけるメインアイテム。それだけにこだわったものを選びたいですよね。

でもどんなブランドのものを選べばよいのか、迷ってしまう人もいらっしゃると思います。

そこで今日は、アウターの購入に際して押さえておきたいブランドをご紹介していきます。

カジュアルなアウターをリリースしているブランドから、フォーマルに着られるアウターが有名なブランドまで幅広く取り上げるので、是非参考にしてみてください。

MACKINTOSH
イギリスを代表する老舗ブランド。特にコートをはじめとしたアウター類は非常に評判が良く、アウターの購入を検討している方におすすめです。
公式サイトhttps://www.mackintosh.com/jp/man
その他の販売ページAmazonで商品を見る
価格帯高い
サイズ展開S〜L
対象年齢層30代~60代
BURBERRY
イギリスの老舗ファッションブランド。トレンチコートの発祥とも言われており、アウター類は質・デザイン性ともに非常に評価が高く、おすすめです。
公式サイトhttps://jp.burberry.com/men/
その他の販売サイトAmazonで商品を見る
価格帯高い
サイズ展開XS〜XXL
対象年齢層30代~50代
Aquascutum
知る人ぞ知るイギリスの老舗ブランド。バーバリーと並んで、トレンチコートの発祥とも言われています。抜群の品質と機能性を誇るコートをリリースしているので、是非チェックしてみてください。
価格帯高い
サイズ展開XS〜XL
対象年齢層30代~50代
Paul Smith
イギリスの人気ブランド。スタリリッシュに着られるコート等のアウターが揃っています。デザイン性も高いので、おすすめです。
価格帯普通~高い
サイズ展開S~XL
対象年齢層20~40代

LACOSTE
ワニのマークでおなじみのフランスの有名ブランド。フランスブランドらしく、洗練された雰囲気のカジュアルなアウターが揃っており、非常におすすめです。
公式サイトhttps://www.lacoste.jp/men
その他販売サイトAmazonで商品を見る
セール情報
価格帯高い
サイズ展開XS~L
対象年齢層30~60代
THE NORTH FACE
アメリカを代表するアウトドアブランド。高いデザイン性と機能性を両立したアウター類が非常人気です。アウターをお探しの方は是非チェックしてください。
価格帯高い
サイズ展開S~XL
対象年齢層20~40代

CANADA GOOSE
カナダの有名なブランド。どんな寒さにも耐えられる究極のダウンジャケットが人気となっています。価格は張りますが、それ以上に価値があるのでおすすめです。
価格帯高い
サイズ展開XS~XL
対象年齢層20~40代

RALPHLAUREN
アメリカの老舗ブランド。カジュアルに着られるアウターからフォーマルシーン向けのアウターまで、幅広く揃えています。デザイン性も高いので、非常におすすめです。
公式サイトhttps://www.ralphlauren.co.jp/ja
その他販売サイトAmazonで商品を見る
価格帯高い
サイズ展開S~3L
対象年齢層20~30代
Moncler
フランス発祥のファッションブランド。スタイリッシュに着られるアウター類が非常に人気となっています。大人の男性に是非おすすめしたいブランドです。
価格帯高い
サイズ展開XS~2XL
対象年齢層20~40代
patagonia
アメリカの人気アウトドアブランド。フリースジャケット等が非常に有名で、デザイン性と機能性を高次元で両立させたアウター類が揃っています。非常におすすめです。
価格帯高い
サイズ展開XS~XL
対象年齢層20~40代
Gloverall
イギリスのファッションブランド。ダッフルコートが有名で、クラシックに着られて非常にカッコいいです。品質も間違い無いので、ダッフルコートをお探しの方は是非チェックしましょう。
価格帯高い
サイズ展開XS~XL
対象年齢層20~50代
LARDINI
イタリアの老舗ブランド。有名ブランドのコート製作を手がけてきただけあって、品質はとにかく抜群です。長く使える定番コートをお探しの方におすすめです。
価格帯高い
サイズ展開S~XL
対象年齢層30代〜60代
LAVENHAM
イギリスの人気ブランド。オンでもオフでも使えるようなキルティングジャケットが非常に有名です。大人の方に是非おすすめしたいブランドです。
価格帯高い
サイズ展開XS~XL
対象年齢層30代〜60代

アウターを使ったおすすめのファッションコーデ

アウターは面積が大きいだけに、コーディネートの印象を左右するアイテム。

他のアイテムをどれだけおしゃれに着こなしても、アウター選びを間違えてしまうと一気に全体が野暮ったくなってしまいますよね。

とはいえアウターと一言で言っても、ビジネス等のフォーマルなシーンで着るものなのか、またカジュアルに着るものなのかによって、おしゃれな着こなし方が変わってきます。

【1】フォーマルなシーンではロング丈コートをシックに着こなす

スーツを着る際などのフォーマルなシーンのアウターは、ロング丈のものを選びましょう。

ネイビーやグレーといった落ち着いた色味のものにすると、よりシックで洗練された大人っぽい印象が出ます。

ー 出典元:BAYCREW’S

この時のポイントは、長すぎない丈のすっきりとしたシルエットのロングコートを選ぶこと。

膝より下の超ロング丈になるとモード感が出てフォーマルシーンには向きませんし、あまりにも大きなシルエットのコートだと、「着られてる」感じが出てしまうのでおすすめしません。

こちらの男性のように、長すぎない膝上丈のジャストサイズのコートを選べば、大人っぽい印象が出て非常におしゃれですね。

【2】カジュアルなダウンジャケットはスリムなパンツと合わせるのがおすすめ

いま非常に人気のダウンジャケット。寒い冬を暖かく過ごすのに非常に便利なアイテムです。

ただ、ダウンジャケットは非常にボリュームのあるカジュアルなアウターなので、細身のパンツを合わせるのがおすすめ。

ー 出典元:fululuri

スキニーパンツ等の細いシルエットのパンツを合わせることで、ダウンジャケットのボリューム感をうまく中和してくれます。

こちらの写真の男性は、ボリュームのあるダウンジャケットをメインにしていますが、細身のデニムパンツを履いているので全体がスタイリッシュにまとまっていますよね。

ボリュームのあるアウターを着る際には、他でバランスをとると非常におしゃれです。

【3】チェスターコートはON-OFF使える定番アウター

フォーマルなコートの代表格とも言えるチェスターコート。

スーツスタイルを上品に昇華させてくれるコートなので、非常に使い勝手が良いですよね。

ー 出典元:TASCLAP

そんなチェスターコートですが、実はカジュアルなファッションにも使えるのです。

ー 出典元:Wear

カジュアルアイテムをメインにしたコーディネートでも、アウターにチェスターコートを選ぶことで、全体を引き締めてくれ、大人っぽい印象にまとまります。

こちらの写真の男性は、パーカーやダメージデニムといったカジュアルなアイテムを使ったコーディネートですが、アウターにチェスターコートを着ているので、品良くまとまっていますよね。

チェスターコートはON-OFF使える定番アウターなので、1着持っておくことをおすすめします。

良いアウターを着てファッションを楽しもう

アウターはコーデ全体の印象を大きく左右するアイテムなので、自分の好みや着るシーンに合わせてよく吟味して選ぶのがおすすめです。

自分のお気に入りの良いアウターを着て、ファッションを楽しみましょう!

アイテムカテゴリの最新記事