コートを買う際にチェックしておきたいメンズファッションブランド

コートを買う際にチェックしておきたいメンズファッションブランド

冬に不可欠なアイテムであるコート。

やはり値段が張るものなので、どうせならデザイン的に優れていて、なおかつ品質の良いものを選びたいですよね。

そこで今日は、コートを買う際にチェックしておきたいブランドをご紹介していきます。

いずれのブランドも非常にカッコよくて、クオリティーの高いコートをリリースしているので、コートを選ぶ際には是非チェックしてみてください。

BURBERRY
イギリスの人気ファッションブランド。トレンチコートの発祥とも言われている老舗なので、安心して購入できます。コート類はデザイン、クオリティともに抜群に高いので、非常におすすめです。
価格帯高い
サイズ展開XS〜XXL
対象年齢層30代~50代
Aquascutum
知る人ぞ知るイギリスの老舗ブランド。バーバリーと並んで、トレンチコートの発祥とも言われています。抜群の品質と機能性を誇るコートをリリースしているので、是非チェックしてみてください。
価格帯高い
サイズ展開XS〜XL
対象年齢層30代~50代
BROOKS BROTHERS
アメリカを代表するブランド。クラシックなデザインのコートが揃っており、一度買えば長いスパンで愛用できること間違いなしです。品質も抜群に良いので、コートを選ぶ際にはチェックしておきましょう。
価格帯高い
サイズ展開XS~XL
対象年齢層30代~50代
MACKINTOSH
イギリスの老舗ファッションブランド。防水性・防風性に優れた「ゴム引きコート」が非常に有名です。デザインも洗練された雰囲気のあるものなので、おすすめです。
価格帯高い
サイズ展開S〜L
対象年齢層30代~60代
Paul Smith
イギリスの人気ファッションブランドであるポールスミス。遊び心のあるデザインのものから、ベーシックなものまで幅広いラインナップがあります。品質も非常に良いので、是非おすすめしたいです。
価格帯普通~高い
サイズ展開S~XL
対象年齢層20~40代

MARGARET HOWELL
イギリスの人気ブランドであるマーガレットハウエル。洗練されたムードのコートが印象的です。素材にも非常にこだわっているので、非常におすすめです。
価格帯高い
サイズ展開S〜XL
対象年齢層20代~50代
BARBOUR
イギリス王室御用達の名門ブランド。オイルドジャケットが有名ですが、ロング丈のコートも非常に雰囲気があります。男らしくコートを着こなしたい方におすすめです。
価格帯高い
サイズ展開S~L
対象年齢層20~50代
LARDINI
イタリアの老舗ブランド。イタリアブランドらしく、色気を感じさせるかっこいいコートが揃っています。使っている素材も抜群に良いので、大人の男性も満足していただけます。
価格帯高い
サイズ展開S~XL
対象年齢層30代〜60代
ATTACHMENT
熊谷和幸氏がデザイナーを務める日本のブランド。美しいシルエットのウールカシミアコートが非常に人気です。洗練された雰囲気が漂っており、是非おすすめしたいブランドです。
価格帯高い
サイズ展開S~L
対象年齢層20代〜30代
LITHIUM HOMME
実力派ドメスティックブランドのリチウムオム。とにかくシルエットの綺麗なコートが揃っています。サイズ展開も豊富なので、自分にぴったりのコートが見つかること間違いなしでしょう。
価格帯高い
サイズ展開2XS〜XL
対象年齢層20~30代

EDIFICE
大人の男性に人気のセレクトショップ。オリジナルアイテムの評価が非常に高いです。高品質なコートが比較的リーズナブルな価格で揃っているので、是非チェックしてみてください。
価格帯普通~高い
サイズ展開XS~2L
対象年齢層20~50代

SHIPS
日本の有名なセレクトショップの1つであるシップス。大人の人でも満足できるデザイン・クオリティーのコートを、比較的リーズナブルな価格で揃えているので、おすすめです。
価格帯普通〜高い
サイズ展開XS〜XL
対象年齢層20~60代

BEAMS
日本を代表するセレクトショップであるビームス。もちろんコート類も色々と取り揃えています。カジュアルに着られるデザインのものが多いので、是非おすすめしたいです。
価格帯普通〜高い
サイズ展開XS~2L
対象年齢層20~50代

コートを使ったおすすめのファッションコーデ

コートを着るとコーデ全体が一気に大人っぽくなりますよね。

ただ一言で「コート」と言っても、いろいろな種類があるのでどの形のものが良いか迷ってしまう人もいるはず。

そこで今回は、代表的なコートの形であるチェスターコート、ステンカラー(バルカラー)コート、Pコートのおすすめのコーディネートについて取り上げようと思います。

チェスターコートはVゾーンを意識しよう

フォーマルにもカジュアルにも着られるチェスターコート。

テーラードジャケットを伸ばしたような、開いた襟が特徴的なコートです。

ー 出典元:Amazon

チェスターコートでコーディネートをする場合には、この開いた襟の部分(Vゾーン)の見せ方を工夫すると非常におしゃれに見えます。

ー 出典元:ZOZOTOWN

こちらの写真の男性は、チェスターコートのインナーにタートルネックのニットを着ています。Vゾーンにボリューム感が出ておしゃれに見えますよね。

他にもマフラーやストールを首元に巻いたりすると、Vゾーンに華やかさが生まれるのでおすすめです。

汎用性の高いステンカラーコートはON-OFF使えておすすめ

チェスターコートと違い、襟に高さがあるステンカラー(バルカラー)コート。

ー 出典元:ONWARD CROSSET

チェスターコートのようにVゾーンを意識しなくても、大人っぽく、かつおしゃれに見せてくれる便利アイテムです。

そんなステンカラーコートですが、ビジネスシーンでもカジュアルシーンでも大活躍してくれます。

ー 出典元:ZOZOTOWN

ー 出典元:THE SUIT COMPANY&UNIVERSAL LANGUAGE Onlineshop

ただ、丈の短いステンカラーコートを選ぶと、カジュアルな印象が強くなってしまうので、膝上丈よりも長いものを選ぶのがおすすめです。

Pコートはミドル丈を選んで大人っぽさを出す

高校生や大学生に非常に人気のPコート。

それだけに、大人っぽく着こなすのが難しいと感じている方も多いのではないでしょうか?

しかしPコートは、それなりに丈のあるもの(ミドル丈)を選ぶことで、大人っぽいおしゃれ感を演出してくれます。

ー 出典元:TASCLAP

丈がやや長めのPコートは、ONでもOFFでも使えて汎用性も高いです。

こちらの男性は、おしりがすっぽりと隠れるくらいのミドル丈のコートを着ています。

インナーに着ているジャケットが完全に隠れるくらいの丈感のものを選んでいるので、全体的に大人っぽくておしゃれですよね。

Pコートを選ぶ際には、丈感に注意するのがおすすめです。

大人っぽくコートを着こなそう

冬の必須アイテムであるコート。

どの形のコートを選ぶかによって、印象も変わってきます。

コートの形にあった着こなしを意識して、コートを使ったコーディネートを楽しみましょう!

アイテムカテゴリの最新記事