価格帯の安いメンズファッションブランド

価格帯の安いメンズファッションブランド

価格帯の安いメンズファッションブランド

おしゃれがしたいと思っても、服の値段が高くてなかなか…という方も少なくないのではないでしょうか?

色々とお金がかかることを考えると、ファッションにばかりお金をかけるわけにはいきませんからね。

でも、おしゃれはお金をかけないとできないのかというと、決してそうではありません。

そこで今日は、価格帯の安いメンズファッションブランドについて紹介していきます。

価格帯の安いブランドでもおしゃれをすることはできるので、是非参考にしてみてください。

UNIQLO
日本を代表するファストファッションブランド。低価格ながらもしっかりとした品質のアイテムが揃っているので、非常におすすめです。
価格帯安い
サイズ展開S~3L
対象年齢層10~50代
GU
ユニクロと同じ系列のブランド。トレンド感のあるアイテムがユニクロよりもさらに低価格で揃っているので、あまりお金をかけずにおしゃれをしたい方におすすめです。
価格帯安い
サイズ展開XS~2XL
対象年齢層10〜20代


無印良品
ベーシックなアイテムが手頃な価格で買えるブランド。コットンやリネンといった天然素材をメインに使っているので、ナチュラル感が出て着心地も良いです。
価格帯安い~普通
サイズ展開XS~2L
対象年齢層20~50代
H&M
スウェーデン発祥のファストファッションブランド。非常に安い価格帯ながらも、モードっぽいおしゃれなデザインに定評があるので、おすすめです。
価格帯安い
サイズ展開XS〜2XL
対象年齢層10~20代
GAP
アメリカを代表する有名ブランド。ジーンズやパーカー、スウェットといったアメカジアイテムが手頃な価格で手に入るので、普段着を探している方におすすめです。
価格帯安い〜普通
サイズ展開XS〜XL
対象年齢層10~50代
ZARA
スペイン発祥のファストファッションブランド。手頃な価格帯ながらシックなテイストのアイテムが多く、大人っぽいおしゃれがしたい方におすすめです。
価格帯安い
サイズ展開XS~2L
対象年齢層20~50代
RAGEBLUE
都会的な印象を感じさせるカジュアルブランド。高校生や大学生でも無理なく買える手頃な価格帯ながらも、トレンド感のあるアイテムが多く揃っており、非常におすすめです。
価格帯安い
サイズ展開S~L
対象年齢層10~20代
FOREVER21
アメリカ・ロサンゼルス発祥のファストファッションブランド。トレンド感のあるアイテムが非常に手頃な価格帯で揃っており、おすすめです。
価格帯安い
サイズ展開XS~XL
対象年齢層10~20代
coen
ユナイテッドアローズ系列のブランド。自然体で着られるようなナチュラルなテイストのアイテムが手頃な価格で購入できます。カジュアルな服が好きな人におすすめです。
価格帯安い
サイズ展開S~XL
対象年齢層10~30代

WEGO
東京・原宿を代表するブランド。トレンドを取り入れたストリート感のあるアイテムが手に取りやすい価格帯で揃っています。
価格帯安い
サイズ展開S~L
対象年齢層10~20代


GLOBAL WORK
シンプルでナチュラルな服が特徴的なブランド。カジュアルなアイテムが多く揃っているのでコーデに取り入れやすいですし、価格も非常に手頃でおすすめです。
価格帯安い〜普通
サイズ展開S~XL
対象年齢層10~40代
American Apparel
アメリカ発祥のファストファッションブランド。デザイン性に優れたベーシックなアイテムが手頃な価格で購入できます。品質も良いのでおすすめです。
価格帯安い〜普通
サイズ展開XS~2XL
対象年齢層10~40代
COMME CA ISM
モノトーン系でシンプルな服が特徴的なブランド。大人っぽくまとまる服を多く揃えていながらも、手に取りやすい価格帯なのでおすすめです。
価格帯安い〜普通
サイズ展開S~XL
対象年齢層10~40代

価格帯の安いブランドでつくる、おすすめのファッションコーデ

服にさほどお金をかけられないという場合でも、価格帯の安いブランドを使っておしゃれを楽しむことは十分可能です。

色味やデザインに少し注意しながらアイテムを選んでいくことで、おしゃれに見せることができます。

モノトーン系の配色がおすすめ

価格帯の安いブランドを使ったコーデでも、モノトーン系の配色にコーデ全体をまとめることで、安っぽさが見えることなくシックにまとまります。

ー 出展元:Styles That Work For Men

赤や黄色、青系などの色味の強いものはどうしても、安っぽさが出やすくなる側面があるのです。

しかし一方で、こちらの写真のように全身を黒やグレーなどのモノトーン系でまとめると、モード感が出て非常におしゃれですよね。

このコーデは全身「H&M」なのですが、価格帯の安いブランドでも非常におしゃれに見えます。

シンプルなコーデにまとめる

価格帯の安いブランドでコーデを組む場合、全体をシンプルにまとめましょう。

具体的には、ロゴや柄が入っていないものを選んだり、たくさんの色を使いすぎないというところです。

ー 出典元:日経トレンディネット

価格帯の安いブランドは多くの方が手に取りやすいので、ロゴや柄の入ったものは着ているブランドがバレてしまいますし、またコーデの中に使っている色味が多いと全体的にチグハグな印象になります。

こちらの写真は全身ユニクロのコーデなのですが、シンプルなアイテムを選んで、なおかつコーデ全体で使う色味を抑えているので、スッキリとしたおしゃれ感が出ていますよね。

ジャストサイズのものを選ぶ

価格帯の安いブランドでおしゃれを楽しむ場合、着る服のサイズ選びが非常に重要です。

小さくても大きくてもおしゃれには見えないので、必ず試着をしてジャストなサイズ感のものを選ぶようにしましょう。

ー 出典元:Wear

サイズ選びはどのブランドで服を購入する際にも意識すべきなのですが、価格帯の安いブランドでおしゃれをしたい方はより意識してみるのが良いでしょう。

こちらの写真は、無印良品のデニムジャケットにユニクロのスキニーパンツを合わせた男性です。

ベーシックアイテムをジャストサイズで着こなしているので、価格の安いブランドでもおしゃれに見えますよね。

低価格帯のブランドでおしゃれをするには、サイズ感が大きな鍵になるので、慎重にサイズを選ぶことをおすすめします。

価格帯の安いブランドでもおしゃれはできる

価格帯の安いブランドの服でもおしゃれに見せることは十分可能です。

ただそのためには、色々と意識したり工夫したりすることが必要になります。

あまりファッションにお金をかけられないと言う方も、ここで書いてきたポイントを押さえながら、手頃な値段でおしゃれを楽しみましょう!

価格帯カテゴリの最新記事