中学生男子におすすめのメンズファッションブランド

中学生男子におすすめのメンズファッションブランド

中学生になると、徐々におしゃれにも敏感になってきますよね。

でも、お小遣いで買えるものは限られているので高い服はあまり買えませんよね。

身長も伸びているので、せっかく高い服を買ってもすぐに小さくなって着られなくなってしまう…とうことも考えられます。

そこで今日は、中学生でも購入できるような手頃な価格で、なおかつおしゃれな服を揃えているブランドを紹介していきます。

UNIQLO
日本を代表するファストファッションブランド。シンプルで使いやすい高品質なアイテムが、中学生でも手の届く価格で揃っています。
公式サイトhttps://www.uniqlo.com/jp/
価格帯安い
サイズ展開S~3L
対象年齢層20~50代
GU
ユニクロと同じ系列のGU。トレンド感も意識した印象の服が、ユニクロよりもさらに手頃に購入できるので、中学生におすすめです。
価格帯安い
サイズ展開XS~2XL
対象年齢層10〜20代


Right-on
ショッピングモールにもよく入っているブランド。ジーンズやパーカーといったカジュアルなアイテムが手頃に手に入るので、中学生の普段着におすすめです。
価格帯安い
サイズ展開M〜XL
対象年齢層10~30代
WEGO
東京・原宿を発祥としている有名ブランド。トレンドを取り入れたカジュアルな服が中学生でも購入できる価格帯から用意されているので、流行を取り入れたおしゃれをしたい中学生におすすめです。
価格帯安い
サイズ展開S~L
対象年齢層10~20代


RAGEBLUE
都会的な印象を抱かせるような、やや大人っぽい服が揃っているカジュアルブランド。清潔感のあるキレイ目な服装をしたい中学生におすすめです。
価格帯安い
サイズ展開S~L
対象年齢層10~20代
GAP
アメリカを代表するブランド。スウェットやパーカーに代表されるような、アメカジアイテムが揃っているので、カジュアルな普段着を探している中学生におすすめです。
価格帯普通
サイズ展開XS〜XL
対象年齢層10~50代
Avail
有名なファストファッションブランドである「しまむら」系列のアベイル。アベイルはシンプルでおしゃれなアイテムが、非常に安く手に入るので、中学生におすすめです。
価格帯普通
サイズ展開M〜XL
対象年齢層10~20代
coen
ユナイテッドアローズ系列のブランド。タウンユースに最適なカジュアルな服が手頃な価格でリリースされているので、中学生におすすめです。
価格帯安い〜普通
サイズ展開S~XL
対象年齢層10~30代

COMME CA ISM
大人っぽいカジュアルな服が特徴的なブランド。洗練された雰囲気が漂うアイテムが多くリリースされているので、大人っぽい服装をしたい中学生におすすめです。
価格帯安い〜普通
サイズ展開S~XL
対象年齢層10~40代

THE SHOP TK
日本の有名ブランドである「タケオキクチ」系列のブランド。こちらは価格を抑えており、よりカジュアルにしつつも、タケオキクチの上品さを取り入れた服が多いので、程よく大人っぽく決めたい中学生に最適です。
価格帯安い
サイズ展開S~L
対象年齢層10~20代


NIKE
アメリカ発の世界的なスポーツブランド。服などのアパレル系のアイテムもデザイン性が高いので、スポーティーな格好をしたい中学生におすすめです。
価格帯普通
サイズ展開S~2XL
対象年齢層10~20代

Adidas
ドイツ発の世界的なスポーツブランド。服もシンプルでおしゃれなものが比較的手頃な値段でリリースされているので、中学生におすすめです。
価格帯普通
サイズ展開XS~XO
対象年齢層10~30代

GLOBAL WORK
ナチュラルな印象の服が多いブランド。幅広い年代の方が着られるような、カジュアル感と落ち着いた感じがうまく調和したアイテムが多いです。もちろん中学生でも問題なく着ていただけます。
価格帯安い〜普通
サイズ展開S~XL
対象年齢層10~40代

中学生男子におすすめのファッションコーデ

おしゃれに興味が出てくる中学生くらいの年代。

それだけに、どのように服を組み合わせていけばいいのか迷ってしまいがちです。

コーディネート組む際に大事なのが、ジャストのサイズ感の服を選んで、スッキリとしたシルエットでまとめていくことです。

【1】シルエットを意識してコーディネート組む

アイテム単体がどれだけおしゃれでも、サイズ感が大きすぎたり、小さすぎたりするとおしゃれ感が失われて台無しになってしまいます。

コーディネートを組むときは、自分にぴったりのサイズ感のアイテムを選ぶなど、シルエットを意識してコーディネートを組みましょう。

ー 出典元:Dcollection

シルエットを意識することで、よりおしゃれに見せることができます。

こちらの写真は全体的にジャストなサイズ感でまとめているので、かなりキレイめで清潔感のある印象ですよね。

【2】色は3色までにまとめる

おしゃれに興味を持ち出した中学生くらいの方がやりがちなのが、色をたくさん使ってしまうこと。

コーディネートに使う色が多くなってしまうと、全体的にチグハグな印象を抱かせてしまうのでおすすめでしません。

ー 出典元:MEN’S FASHION PLUS

具体的に、コーディネートに使う色は3色までにすると、全体がしっかりとまとまります。

こちらの写真のコーデは、黒・白・青の3色になっています。使う色を3色にすることでちょうど良いおしゃれ感が演出できていますね。

【3】柄物を取り入れてみる

柄物を取り入れると若々しい印象が出やすくなります。

中学生という年代を考えると、チェックやボーダーといった柄物も取り入れながら、中学生ならではのおしゃれを楽しんでみるのがおすすめです。

ー 出典元:Dcollection

ただ、ひとつ注意点としては、柄物は1つのアイテムだけで取り入れようにしましょう。

柄物が複数あると主張が強くなりすぎて全体がまとまりません。

この写真のように、インナーにボーダーを入れてあげると全体的にカジュアル感が増して、若々しいおしゃれが実現できます。

中学生はシルエットを意識しながらも、個性を出していくのがおすすめ

中学生という年代を考えると、あらゆる服装をしていても問題ありません。

ただ、自分の体にあったアイテムを選んで全体のシルエットを意識することで、かなりおしゃれに見えます。

それに加えて、色味や柄で自分の個性を演出していくと、さらにおしゃれを楽しむことができます!

年代カテゴリの最新記事